【出張イベント】学童・夏休み特別食育イベント③

学童「Terakoya Annex様」にて夏休み学童特別イベントを担当させていただきました。

1回目のテーマは「食物繊維」。(前々回の様子はこちら
2回目のテーマは「砂糖」。(前回の様子はこちら

今回3回目は、「歯の健康」について体験を交えながら子供達と一緒に勉強をしました。

今回、講師を担当してくださったのは、美食脳マイスター安達和恵さん。
和恵さんは、歯科衛生士さんとしてのご経験が豊富で、もともと「フロスが大事!!」ということを何度もおっしゃっていました。

当協会としましては、「いいおやつの選び方」を子供達に考えてもらうと同時に、大切な歯の守り方についても考えられる子になって欲しい!そのお手伝いにはプロの手を、ということで、和恵さんに講師のお願いをいたしました。

さすがはプロ!!

絵本やグッズの準備も万端で、「虫バイキン」という可愛い名称を使って4歳ー11歳のお子さん達の心をわしづかみにされたのでした。

美食脳 子供の食育活動イベント

この歯の模型、とっても秀逸でして、歯の良し悪しから歯茎の良し悪しまで、子供でも一目瞭然の作りになっております。

美食脳 子供の食育活動イベント

なぜフロスが大事なのか。そのフロスのとっても簡単な方法をみんなで鏡を見ながら体験。

美食脳 子供の食育活動イベント

周りで聞いている大人たちも「へー!!」「なるほどー!!」の感嘆の声が止まらないほど・・・。

歯のお手入れの大切さをお勉強した後は、みんなで作っておいた「寒天フルーツ」のお楽しみ試食タイム。

美食脳 子供の食育活動イベント

美食脳では、ゼラチンよりも断然寒天をオススメしたいのです。
ですが、寒天を使うと、固まりすぎてお子様の中には苦手な子もいたりして・・・。

そこで今回は、絶妙な寒天の配分でフルフルジューシーな寒天の作成に成功。

美食脳 子供の食育活動イベント

「食べられるだけよそっていいですよ〜」の声かけに、子供達の勢いはまっしぐら!!

美食脳 子供の食育活動イベント

スポンジのように脳みその柔らかい子供達には、何よりも「体験」がうってつけの教材になります。

この夏、当協会としまして計3回、子供の食育に携わらせていただき、とても大きな収穫がありました。
今後も、わたし共が社会に還元できることは何かを真摯に取り組んで参りたいと思います。

 

著者プロフィール

 


 

日本美食脳アカデミー協会代表理事
高久 恵美子

 
カロリー計算・g計算不要。しっかり食べてキレイになる食事法を推奨する元看護師の食生活アドバイザー
独自の食事バランスメソッドや、60日食事レポート法など栄養学とは異なった観点で、ワーキングウーマンやダイエットを繰り返してきた人に教えています。

無料メール講座

当協会では、講座受講や体験会へのご参加の前に、必ずメール講座へご登録をお願いしております
 
まずは、7日間メールにて実際に学べる内容、実践的な手法、協会の想いを配信させて頂きます。
 
そのうえで、「もっと学んで生活に活かしたい」「仕事に活かしたい」という方へは、体験会へのご招待を行っています。

これから一生続く食事をより質の高いものにして頂くため、まずは、無料のメール講座へご登録下さい。
 
 
メール講座フォーム

メール講座フォーム
PAGE TOP