何歳からでも遅くないし、誰でも変われる

 

今朝から、美食脳マイスター1級生の新たなチャレンジが始まり、5時半ーみんなでボディワークをしていました。

カラダもポカポカ。

食事でカラダを整えて、さらに外側から自分ケアを加えることで、カラダもほぐれるのと同時に、カラダの喜びの声が聴こえてきます。

「あぁ、気持ちいい。あぁ、緩んだよ~。」と。

 

その後、朝食を食べた後にふと思いつき、キッチンの引き出しの掃除を。

というのも、先日久しぶりに原宿に行ったら、IKEAができていまして、キッチンツールをいくつか購入してきていたのです。

 

それらの配置や用途を考えながら、気持ちよく整理整頓。

花瓶の水も変えて、キッチン&リビングの空気が変わったのを心から感じ、清々しい気持ちで1日のスタートを切ることができました。

 

心の余裕。心地よい暮らしを味わうこと。

 

朝食は何も考えることなくトーストとカフェオレのみだった過去。

 

昼食は取れたり取れなかったりの日もあり、そのケアを考えることもなく、夕食にどのような食事をしていたのかも記憶にない生活をしていました。

 

季節の変わり目には、当たり前の様に風邪をひき、季節の変わり目だから風邪を引くのが当たり前くらいの感覚に陥っていたなぁ・・・と思います。

 

思春期の頃は、赤ニキビができることを当たり前だと思い込み、自分の嗜好品の多さを顧みる知識すらありませんでした。

便秘や冷え性も当たり前だと思い込み、それが自分だと思い込んでいたのですから、あまりにも査定が低くて、過去の自分に申し訳なくさえ思います・・・。

 

そんな私も、体調管理の不出来に嫌気がさし、東京にきたのであれば美しくいたい!と奮起し、たくさんたくさんお金を時間を使い、色々な失敗と経験をしてきました。

 

私自身の経験や、卒業生を見ていると、人は何歳からでも変われるものだと毎回毎回学びだらけで、人間として生まれてきて、こういうことに気づくことができる自分になれて、本当にありがたいなと感じています。

 

結論として、食事やボディワークやメイク、ファッション、すべて、自分が望む通りに自分を変えていくことは可能で、その根源は「心地よい自分であること」だと気づきました。

入り口はどこでもいいのです。

ただ、この絶対法則にさえ、心から気づくことができれば、何でも手に入れていくことが可能なのだと思えています。

まだまだ、完璧に、望み通りのものを手に入れているわけではありません。

 

が、「必ずそれらは可能だ」と、自分の小さな経験、関わってきた方達の変化、たくさんの本からの学びで確信だけはしています。

あとは、これらを一つ一つ体現していくだけ。

 

心地よさがなぜ大事なのか?については、まだまだうまく語ることができないのですが、こちらの本を繰り返し読まれると理解できる方も多いのではないかと思います^ ^

 

「ポジティブの教科書」武田双雲著

「ザ・マジック」ロンダ・バーン著

 

心地よい食事とは、

  • 「程よい量」で終えた食事で
  • 内容に根拠と自信があって
  • 見た目が美しくて
  • 美味しいと思えて
  • 自分、または一緒にいる人が笑顔で
  • お気に入りの食器に囲まれて
  • 澄んだ部屋が用意されている

 

心地よくない食事とは、

  • 面相くさいという怒りを伴っていて
  • 適当に用意したもので
  • 良くないと思いつつ食べているもので
  • お腹いっぱいなのにやめられなくて
  • そんな食べ方をする自分にイライラしていて
  • 食べた内容に後悔を伴っていて
  • 食べた後に罪悪感を感じていて
  • 乱雑な環境での食事

だったり。

 

心地よい服、心地よくない服。

心地よい環境、心地よくない環境。

心地よい人間関係、心地よくない人間関係。

心地よいカラダ、心地よくないカラダ。

 

これらを認識することさえできたら、心地よい方を選択して、行動するだけで、いつの瞬間でも人は変われます。

部屋が汚いなら、時間をとって部屋を片付ければ、心地よい部屋にすることはいつでも誰にでも可能ですから。

食事も、着る服も、ボディラインも、住環境も、人間関係も、

すべて何歳からでも変えることができる。

そして、ここに気づかずに「これで変われなかったから、次はこっちをやってみよう」と繰り返していても、結局は変われないことになります。

 

でもご安心を。

食事、住環境、ボディ、衣服、人間関係、

いずれかを心地よくすることの快感を骨の髄で感じ取れた方は、その後全てが好循環で整っていきます。

なので、まずは自分が整えたい分野から取り組んでいってみてください。

そして、少しずつ、他の分野にも手を加えて「心地よさ重視」の生活を意識していくとあっという間に自分の根幹から変化していくのを感じ取れるはずです^ ^

 

つまり。

何歳からでも人は変わることができて、それは必ずしも「食事スタート」である必要はないと、ここで明言してしまいます。笑

健康が人生の土台であることに間違いはありませんが、健康は「食事」からのみで成り立つわけではないのです。

 

ただし、食事のことから着手したい方は、ぜひいらしてください。食事のことならお任せを!!

高久恵美子

著者プロフィール

 


 

日本美食脳アカデミー協会代表理事
高久 恵美子

 
カロリー計算・g計算不要。しっかり食べてキレイになる食事法を推奨する元看護師の食生活アドバイザー
独自の食事バランスメソッドや、60日食事レポート法など栄養学とは異なった観点で、ワーキングウーマンやダイエットを繰り返してきた人に教えています。

無料メール講座

当協会では、講座受講や体験会へのご参加の前に、必ずメール講座へご登録をお願いしております
 
まずは、7日間メールにて実際に学べる内容、実践的な手法、協会の想いを配信させて頂きます。
 
そのうえで、「もっと学んで生活に活かしたい」「仕事に活かしたい」という方へは、体験会へのご招待を行っています。

これから一生続く食事をより質の高いものにして頂くため、まずは、無料のメール講座へご登録下さい。
 
 
メール講座フォーム

メール講座フォーム
PAGE TOP