【知らないと損!】たんぱく質が美容に逆効果になるとき

たんぱく質が美容に逆効果になるとき

今回は、わたし達の美と健康に必要不可欠なはずのタンパク質が、美容に逆効果になるときという内容について話をしていきます。

それはズバリ!!

①タンパク質量のバランスが悪いこと

②タンパク質の質が悪いこと

があります。

タンパク質量のバランスが悪いこと

タンパク質って、いったいどんな食べ物を指すでしょうか?

はい、代表例は、肉、魚、卵、乳製品、豆類

今の豊かな日本の食文化において、
この中でも人気の食べ物。

それは、肉と乳製品です。
いかがですか?

大好物、と言わなくても

焼肉、ハンバーグ、とんかつ、ハンバーガー

チキンナゲット、ウインナー、ベーコン、

からあげ、ステーキ、炒めもの

乳製品

牛乳、カフェオレ、生クリーム、

ヨーグルト、チーズ

など、知らずのうちにけっこうな量を

摂っているのではないでしょうか?

わたし達の美と健康をつくり出す

大元であるタンパク質も、
食べ過ぎればそれは太ります!!!

だから、食べ過ぎれば、カラダはもちろん太ります。

カラダが太れば、たくさんの病気も出てきます。

そう。
カラダにいいはずのモノも、食べ過ぎれば「害」になるということ。

その「害」を被ってしまう日本人が急増しているので、タンパク質はワルモノ扱いをされているわけです。

上手にタンパク質を摂っていますか?

摂り過ぎているがゆえに、太ってしまったり、病気を抱えていたり、していませんか?

今日のキーワードはこちら「カラダに良いモノも、バランスを崩せば悪にもなる」です。

では、どんな食事のバランスでタンパク質量を摂っていいのか?

その大切なことは、サロンで皆さんに直接お伝えしています。

お肉好きの方でも、ダイエットをしたいという方でも

「え?こんなに食べてもいいのですね。安心しました(^^)」

と言ってもらえる適量があります。

タンパク質の質が悪いこと

特に「肉」について考えてみましょう!

昨日1日で、一体どんな「肉」を食べましたか??

肉料理はたくさんありますね~。

焼肉、ハンバーグ、とんかつ、ハンバーガーチキンナゲット、ウインナー、ベーコン、

からあげ、ステーキ、炒めものなどなど。

いろんな種類の「肉」がありますが、わたしが生徒さんにおススメする「肉」の条件は「良質」であること。

もちろん、国産か否か、という視点もありますが、
それより以前に「ホンモノの肉か否か」という視点でみてもらうようにしています。

◆ブロックで売られている豚肉と、加工されたウインナー。

◆ブロックで売られている鶏肉と、加工されたチキンナゲット。

◆ステーキとしてたべる牛肉と、加工されたレトルトのハンバーグ。

サロンでは、ホンモノの肉はどちらで、どういう違いがあるのか?

良質であることの大切さを理解してもらいます。
これらさえ理解できたら、日常生活において
美と健康をつくり出す良質なタンパク質選びが

グッとラクになります(^^)

まとめ

ちょっとした工夫で、質を高めた食卓づくりが可能です。

あなたの今日の食事の「質」はいかがですか(^^)?

不安を感じたら、当協会に来てください。

わたしと一緒に、そして参加者の皆さんと一緒にチェックをしていきましょう!!

量はもちろんのこと、良質な食事を続けていれば、キレイは必ずついてきます!!

メール講座フォーム
PAGE TOP