受講生の声

罪悪感いっぱいの食事⇨自分を大事にする食事へ

2017年3月入会 美食脳プティマイスターM.Mさん
(東京都在住35歳 医療職 一女ママ)

元々料理が苦手、食べることは大好き。コンビニやお惣菜に頼ることが多い。子供ができて、「身体に良いご飯を作らなくては」と思いながらも、フルタイム勤務の忙しさと疲れて面倒だという気持ちから食事の改善ができずに罪悪感を抱えていました。

さらに、仕事後のコンビニお菓子やストレスフルな日のお菓子どか食いもやめれず、そんな自分が嫌でした。とにかく疲れやすく、口癖が「疲れた」。抜け毛も多く、足がむくみ、下腹部の脂肪や体重も増える一方な状態でした。

「やっぱりこのままではいけない」
「今やるしかない!」

と心の声に従い参加を決心しました。勇気を出して参加して本当に良かったです。健康美を正に体現して輝いている高久先生の講義は説得力があり、私に革命を起こしてくれました。現在は、食事の優先順位が上がり、前より面倒なことではなくなりました。

「献立そんなに難しく考えなくていいんだ!料理もシンプルでいいんだ!」

と感動し、心が楽になりました。具体的で実践しやすかったのが良かったのだと思います。

実践している今、前より疲れにくくなり、「疲れた」の口癖が減り、お通じも良くなり、胃もたれすることもなくなり、体重も3キロ減りいいことづくめ。さらに、無理しないで気付けばコンビニお菓子を卒業!!

食事をしっかりと食べることを続けると、精神的にも満たされて、食事を大事にすることは自分を大事にしてあげることなんだなと思いました。今まで頑張れないぐーたらな自分を責めてたけど、栄養不足だったのかもと思えて心が軽くなりました。

また、意識が高く素敵な仲間に会えたのが励みになりました。自分の食事を整えると、ついでに子供の食事の質も前より変わってきました。

今まで嫌いだろうと思い込んで出さなかった野菜や魚を食べてくれ、何より食欲がアップして前よりしっかり食べてくれるのが嬉しいです。夫にも自分のサラダを出してみたら何も言わずに食べるようになり、前よりは野菜摂取量が増えてると思います。

本当にありがとうございました。素晴らしいコースを受講できて本当に良かったです!

【協会からの宮下様のご紹介】

育児もしながら医療職もこなす、ワーキングマザーのMさん。

料理が苦手、、とおっしゃっておりましたが、毎日の実践ぶりを楽しくfacebookに投稿してくださっています。ご本人は−3キロ、ご主人がー4キロ!体質が変わってきている証拠ですね。

【受講後の資格の活かし方】

娘にもだんだん食欲がついてきたため、食事のバランスを意識して、家族にも自信をもって食事を提供することができています。

仕事での立場上や、今後の活動を踏まえてみても、やはり自分自身が健康とそれなりの美しさを兼ね揃えておくことは必要不可欠ですから、ずっとずっと活用し、活用しながら娘にも自然と身につく「食育」につなげていきたいと考えています。

 

大切なのはカロリーではなかった!

2017年3月入会 美食脳プティマイスター村本彩さん
(東京都世田谷区在住 34歳 メーカー勤務 二児のママ)

小学生以来ずっと便秘症で、毎日スルリとバナナウンチが出るのに憧れていました。オリゴ糖など腸にいいものは取っていたのですがなかなか思うように改善しないので、食生活から見直したいと思っていました。

正しい知識を得ることで忙しい中でも食事を整えていきたい、メルマガやブログを拝見していて、続けられそうかもと感じたので受講を決めました。

実際に受講してみて、正しい知識を得たことでカロリーよりも栄養を意識するようになり、選ぶものが大きく変わりました。身体に必要なものを食べていると自信が持てるので、食べることに対する罪悪感がなくなりました。

栄養で満たされているからか、無意識に手が伸びていた間食(特にチョコレート)を欲しなくなって驚いています。お通じは、ほぼ1日1回は出るようになっています。

子供はサラダが嫌いだからと出していなかったのですが、思い切って出してみたら美味しいと食べてくれました。また、朝食準備は夫の担当なのですが、前日夜に細かくちぎった野菜をジップロックに入れて用意しておいたら、何も言わずにサラダを準備してくれていました!

基礎コースは、すべての女性にオススメしたいですが、特に体型よりも体調に悩んでいる人にオススメしたいです。

【協会からの村本様のご紹介】

4歳・1歳のお子さんを持つ、大手メーカー勤務のキャリアウーマン。

食事や栄養のことについて勉強をするのがもともと好きで、栄養士を目指していたこともあったという美人ママさん。

【受講後の資格の活かし方】

講座で学んだのは理想の食事やその理由といった栄養面だけでなく、食事にも自分の軸が必要だというメンタル面です。

自分自身が健康と美のためにこれからも活用していくとともに、今後は独立を考えているので、これから仕事で関わるお客様に「自分にとって何が大事なのか」「どういう自分になりたいのか」など、食事面でも気づきを与えることができればと思っております。

 

家族みんなで健康になれて、しかも喜んでもらえる食事

2017年3月入会 美食脳プティマイスター安達和恵さん
埼玉県在住 30代 会社員

幼い頃から、食卓豊かな家庭で育ってきており、食べることも、料理をすることも大好き。だから、結婚して子供が生まれても、料理の手は抜かないと、頑張ってきたつもりで、とくに野菜は毎日食べようとしていました。

フルタイムの仕事後に娘のお迎えに行き、帰宅は19時過ぎ。そこから手の込んだ料理はできなくて、とりあえず野菜だけでも食べようと、野菜しか出さない日もありました。

なんとなく、健康に気を使っています的な毎日を送っていましたが、二人目妊娠中のつわりで味覚の変化が起き、お菓子やご飯をバクバク食べて、2週間で2キロも太ってしまい、病院から注意を受けていました。

考えてみれば、「何をどのくらい」食べればいいのか全然知らない。ここで正しい知識を身につけて、自分が今まで頑張ってきた事が合っているのか確かめたい!という気持ちで受講しました。

実際に受講してみて、まず、「野菜ばかり食べていれば健康」という考えが間違っていた事が衝撃でした。食事にはバランスが大切で、ご飯だって食べていいんだと知れて嬉しかったです。

実は、ご飯は太るからと、いつも少なめにしていました。また、ずっと意識していた野菜すらも、必要量摂取できていなかった事実に、悲しみさえ覚えました。

早速バランスを考えた食事に切り替えると、モリモリ食べるので、食事だけで満足でき、お菓子の量が自然と減っていきました。

そして、妊婦検診で、前回より−1キロだったんです!しっかりモリモリ食べているのに信じられない>_<

お医者さんからも「いい感じだね♪」って褒められました。痩せても、お腹の子はしっかり成長してくれていましたよ。

第一子の時は、検診前は少しでも体重を減らそうと断食してたけれど、今回はしっかり食べてから検診へ行ったのに減量していたのには驚きました。

家族の変化といえば、娘はトマト以外はあまり野菜を食べなかったのですが、親がサラダを食べているのを見ているうちに、自分から他の野菜に手を伸ばすようになりました。

バランスの整った食事になってから、主人に「このくらい、しっかり野菜とタンパク質が食べたかった」と言われました。

今まで、健康に気を使っている風な食卓にしてきたつもりでしたが、主人にとっては物足りなかったみたいです。正しい食事バランスを知れて実践しただけなのに、私だけでなく、主人と娘のポッコリお腹もスッキリ!今では、みんなお通じが1日2回が普通になりました。

食事の学びは、これから妊娠したい方や妊娠中の方にはお腹の子供にもいい事づくめです!

【協会からの安達様のご紹介】

妊娠8ヶ月、という時に大きなお腹を抱えて資格取得にいらしてくださったママさんです。

妊娠後期の体重増加で悩まれていましたが、お腹はしっかり満たしながら体重コントロールも順調に行き、元気な第2子を育児中です!

【受講後の資格の活かし方】

正しい食事バランスが身に付いたことで、毎食の献立を考える時間がぐんと減りました。その分、子供たちと過ごす時間が増えて嬉しく思います。

学んだ知識を家族にだけ提供するのではなく、友人や仕事の仲間にも広めていきたいと考えています。

その他のお客様から頂いた感想はこちらのページで紹介しています!

 

 

 

美食脳体験コースはこちら▶︎